家にある毛皮って何の毛皮?価値は?

これだけある毛皮の種類

もう着なくなった毛皮があれば、買取専門店で売ることができますよ。ただし毛皮の種類によって、買取価格は変わってきます。人気のある毛皮には、フォックス、ラム、ミンク、そしてラビットなどがあります。チンチラやリンクスキャット、セーブルなども、高値買取が可能な毛皮です。また、同じフォックスであっても、シルバー、ブルー、シャドーなどの細かい種類に分類されます。 その他、ロングコートなのか、それともハーフコートなのか、と言ったアイテムの違いによっても取引価格は異なってきます。ショートコートやポンチョも需要が高く、買取可能です。襟元だけが毛皮である場合も高値で売れます。もちろん、保存状態も査定金額を左右します。

高値買取が可能な毛皮は?

毛皮を実際に売るとなったら、やはり少しでも高く売りたいですよね。例えば同じロングコートであっても、シルバーフォックスよりロシアンセーブルやチンチラの方が、はるかに高い値段で取引されます。一般的にロシアンセーブルは、最も高級な毛皮とされています。しかし毛皮には等級があるため、上等なチンチラが、多少劣化したロシアンセーブルより高値が付く場合もあります。 また、買取店によっても買取金額に差に変動がありますよ。やはり買取を考える際は、まず大手の専門業者で査定を受け、いくら位になるかを知ることが大切です。ほとんどの業者が無料で査定を行っていますので、家に気になる毛皮があるなら、一度調べてみてはどうでしょうか。